国際語の英語は英会話で学んで皆バイリンガル

違いは何なのか?

白のマーカーで書かれた英語

TOEFLはTOEICとは違います

TOEFLとTOEICはスペルが似ていますし、どちらも英語のテストですが目指している物が違うので注意しましょう。もちろんTOEIC対策とTOEFL対策も全く違うので注意です。 TOEICは英語を勉強している方はほとんどが聞いたことがあると思います。テストを受けるとスコアが出て、自分の英語力を知ることが出来るというものです。勤め先で使用されている方もいるのではないでしょうか。 一方TOEFLは聞いたことがないという方もいるでしょう。このテストはアメリカの大学に留学したいと思ったときに、自分の今の英語力証明するために受けるテストになっています。こちらもスコアがでますがそれは受験したい大学に送ります、そして入学しても英語力に問題はないかという審査に使われます。

TOEFLの対策をしよう

TOEFLはTOEFL対策となっている教材を選びましょう。TOEFL対策用のスクールもあり、市販の書籍などもたくさん出ています。しかしTOEFLの書籍は実際の本屋ではTOEICの書籍と比べて入荷している数が少なく、TOEICのスペースの端に数冊だけあることが多いです。そのためネットで買える本屋で探すと良いでしょう。 ただし英語の基礎というものはどのテストや試験でも同じです。もしも基礎から始める場合はTOEIC対策やTOEFL対策などの本ではなく、わかりやすく教えてくれる基礎用のスクールや書籍を探すことをオススメします。まずは英語の基礎をしっかりと勉強してから、スコア設定がしてある教材や実践的な問題が多い教材に手を出すとよいでしょう。